キャスティングに関するご連絡は右記宛にお願いします⇒ TEL:090-2448-0660/ Mail:sato@taskjapan.jp(佐藤)
桐島洋子
桐島洋子

「森羅塾」風景

1937年7月6日、東京生まれ。作家。蟹座A型。56年都立駒場高校を卒業して文藝春秋に入社。9年間のジャーナリズム修行ののち、65年退社し、フリーライターとして世界を巡遊。67年には従軍記者になり、ヴェトナム戦争を体験する。68年からアメリカで暮らし、70年処女作「渚と澪と舵−ふうてんママの手紙」刊行を機に帰国。72年には、アメリカ社会の深層を抉る衝撃の文明論「淋しいアメリカ人」で第3回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。以来マスメディアの第一線で、著作・テレビ・講演などに幅広く活躍しながら、独身のまま、かれん(モデル)・ノエル(エッセイスト)・ローランド(フォトグラファー)の3児を育て上げる。
料理ブームのさきがけとなったベストセラー「聡明な女は料理がうまい」や、女性の自立と成熟を促した「女ざかり」シリーズをはじめ、すべて実体験に基づく育児論、女性論、旅行記などは、その斬新な発想と痛快な迫力で広く人気を集めた。
82年には勝見洋一(美術鑑定家・エッセイスト)と結婚。子育てを了えてからは、林住期を宣言して仕事を絞り、年の三分の一はカナダで晴耕雨読し、人生の成熟の秋を穏やかに愉しみ、環境問題・ホリスティック医療・氣功・精神世界などにも関心も深めている。今年から、東京中目黒の自宅で、大人の寺子屋「森羅塾」を主宰している。
他著書に、「マザー・グースと三匹の子豚たち」「いつでも今日が人生の始まり!」「残り時間には福がある」「女が冴えるとき」「骨董物語」などがある。

著書

●桐島洋子公式サイトは《こちら》から